めごめも!

ひとりと1匹の生活記録。

論文

アメリカの医療マーケティング1997年から2016年の変化

処方薬とか疾患とか、ヘルスサービスとかそういうカテゴリ別に出されています。伸びてるのはWebなのかなーと思いきや、テレビが意外とすごかった。しかも処方薬と疾患は、2008-2012のときはテレビが落ち込みが激しかったのに、それ以上にリカバリして跳ね上…

レジ横の陳列棚からお菓子をどかすとお菓子の売り上げ減

ざっとしか読んでない&こういう研究なじみがないから解析とか共変量とかこれでいいのかわからないけど、この研究デザインありなのか・・・・というのが正直なところ。RCTとかではなくて前後比較なんですよね。まあPLosシリーズだしなあ・・・とか思ったらだ…

心不全後の少量アルコールは生存時間を伸ばす

アルコール飲めない私にとっては「ふーん」としか思えない研究ですが、まあ飲みたい人もいるだろうから・・・。とはいえ、数が少なすぎて層別化とか出来てないし、本当にアルコールの影響だけ稼動かは今後の他の研究結果によると思います。アメリカの一般健…

CVDリスクを持つ高齢者の食事と運動の認知症への効果

DASH食事法と運動を組み合わせて認知症に効果があるかどうかをみたRCT。DASHダイエットとはDietary Approaches to Stop Hypertensionの略で、まあ詳しくはリンク貼り付けたWiki見てもらえればよいんですが、1)適正体重(BMI 25未満)を維持するため摂取総カ…

神経科医のバーンアウト

アメリカの神経科医学会に所属する医師を対象にした調査。たん変量解析では男性より女性のほうが、バーンアウトが高く、キャリアの満足度が低いけれども、補正すると変わりないとのこと。ただ、性別の影響は特に週末の回診が結構きいているっぽく、回診を行…

水をたくさん飲むと再発性膀胱炎が予防できる

昨日メール開いた、JAMA internal medicineの今年読まれた論文トップ10の中に含まれていて、「ん?水??」と思ったので何気なく読んでみたら、結構面白かったです。Open labelだけど、ちゃんと介入しているし。内容としては、再発性の尿路感染症で通院して…

コーヒー摂取と死亡リスク

コーヒーは飲めば飲むほど死亡リスクが下がる模様。特にがん死亡。そして、この研究ではカフェイン入りとデカフェを分けた解析も行っていて、デカフェでも死亡リスクが下がっているので、カフェイン以外の物質が死亡リスクを下げているようです。カフェイン…

オーガニック食品の摂取とがん罹患リスク

ちょっと前に話題になったフランスの研究です。ようやく読めた。質問紙で、果物、野菜、大豆製品、乳製品、肉、魚、卵、豆類・穀物、パンとシリアル、小麦粉、植物油と調味料、調理された食品、コーヒーなどの飲料、ワイン、ビスケットやチョコレート・砂糖…

2019年の科学

ネイチャーの年頭所感みたいなもんですかね。What to expect in 2019: science in the new year www.nature.com 極地プロジェクト 南極の氷をかなり深いところのものを採掘して、気候変動を解析するらしい。 大金 ますます中国の存在感が予算的にも増してい…

HbA1Cとがん罹患リスク

聖路加病院の病院ベースの糖尿病患者コホートで、HbA1cの値とがん罹患リスクを10年追跡で検討している研究。結果は関連無し。患者コホートで2000人ちょっとって多いのか少ないのか・・・・。あと気になったのは、そもそも糖尿病患者はがんの罹患リスクが一般…

レストランとファーストフード店の料理のカロリー

レストラン(フルサービス)の料理のほうがカロリーが高かったという話なのですが・・・。一覧にはチェーンの店名も書いてあるのでざっと見ると、日本で言えば、マッ○とかモ○とかの注文して受け取って自分でテーブルに運ぶ系がファーストフード、ガス○とか、…

世界の脳卒中リスク

毎度おなじみ、Global burden of diseaseからなんですが、Lancetじゃなくて、NEJMなのはなんでなんだろう・・・・?アブストでリスクには地域差があって、リスクが高いのは東アジア、中央ヨーロッパ、および東ヨーロッパって書いてあるんですが、一部の国が…

子宮移植後の出産

ブラジルからの報告。症例報告なのになぜにLancet??と思ったけど、割とすごい症例報告。そして、先天性の子宮欠損で子宮移植するとちゃんと月経も復活して、子どもも生めるのかという驚き。そして論文に生まれた子どもの写真が載っている驚き。すごいな、…

心筋梗塞のリスクの男女差

UKバイオバンクからの報告です。グラフだけ見ると、HRの値が若干高いのかしらー?ドラスティックに違うとかそういう話ではないなーと思ったんですが、HRの比をとってみると結構違っていて、女性では男性より収縮期血圧、高血圧、禁煙、糖尿病が心筋梗塞のハ…

クリスマスと正月に心筋梗塞が増える

毎度おなじみ、BMJクリスマス特集の一環です。なんで??ってくらいクリスマスイブにリスクが上がってるんですよね・・・。不思議なのはクリスマスは、イブ(24日)、クリスマス(25日)、Boxing day(26日)と全部リスクが上がっているんだけど、お正…

子宮がんの罹患と死亡(アメリカ)

アメリカで子宮がんの罹患と死亡が増えているって言うレポート。しかも他の人種に比べて、非ヒスパニック系黒人(黒人)と白人女性で罹患率が高く、黒人女性は子宮がん死亡率も他の人種よりも高かったそう。肥満が増えていることと関係しているから、健康的…

娯楽プールにおける感染症

なんだか最初の啓発イラストがかわいくて。発生件数が多い原因菌はクリプトスポリジウム菌(胃腸の病気、っていうかほとんどこれ)→レジオネラ菌(重篤な肺炎など)→シュードモナス菌(毛包炎や外耳炎)の順。症例が多い場所は、ホテルのプールとホットタブ…

移民残留児の健康状態

昨日に引き続きなんだかなあって研究結果です。移民の両親に残留された(=left behind)子どもたちの健康状態はよろしくない、と。うつも不安も自殺年慮も栄養状態も薬物使用も・・・。ただ、この研究の大部分が中国の研究で、農村部→都市部も移民として扱っ…

移民の死亡率

なんだかなあ・・・と思うデータです。基本的に、健康な人じゃないとわざわざ文化の違う国に移住しようと思わなかったりするのと、死ぬときは自分の国でというのがあって、移民先の国での移民の死亡率って低いんですけど、なぜか感染症と外因死亡だけ上がっ…

研究者の生存曲線

恐ろしいデータです。 大学の研究者が研究活動を継続できた年数を表した生存曲線とのこと。そもそも、何をもって研究活動の継続とするかは、web of scienceの論文著者へのリスティングで出してるみたいなんですが、それで生存でいいのか、とか、退職まで全う…

父親の年齢と出生児アウトカム

妊娠出産のアウトカムには母親の年齢だけじゃなくて父親の年齢も関係ありますよというデータ。アメリカの人口動態使ってるんですが、日本の人口動態も父親のデータなんて結合できたっけ・・・?あとざっと読んだ感じ、登録されている父親が生物学的な父親か…

出産後の時間経過と乳がん罹患リスク

割と衝撃なんですけど・・・・。未経産婦のほうが、経産婦よりも乳がんリスクって高いといわれていたと思うんですが、15のコホートの89万人のプール解析の結果、最後の出産から5~10年後が、未経産婦に比較して乳がん罹患リスクが高くなって、未経産婦よりも…

一次予防におけるスタチン使用の利益とリスク

あれー、この間リスクが結構あるってシリーズで読んだのスタチンじゃなかった?と思ったら全然違いました。アスピリンでした・・・。何たる勘違い。なので数式も出てきてさっぱりわけがわからなかったのですが、自分で過去の記録見て「アスピリンじゃん!」…

サウナが心疾患リスクを低下させる

フィンランドの研究です。北欧の人ってサウナよく入るもんねえ・・・。サウナを良く入る人の基本特性見て、若いなーまあ元気じゃないと入らないよね、うんうん、と見て私が出した結論。「こいつらリア充・・・」。そこから何も頭に入らなくなりました・・・…

医療訓練におけるシニシズム

医療フォーラムのディスカッション結果を分析したっていうのでふーんと思って読んで見たのですが、意味がわからなかった・・・・orz撃沈。そもそもどうしてシニシズム(皮肉)なのかもよくわからなかったし、それがどうしてカリキュラムと結びつくかもよくわ…

薬物使用に関連した感染性心内膜炎

アメリカのオピオイド使用量が上がっているのに付随してか、薬物使用に関連した感染性心内膜炎が増えているそう。比較的若年で女性と白人に多いとか。とはいえオピオイドの使用が上がってるのは中年男性じゃなかったっけ・・・?若年では心内膜炎が増えるの…

アメリカの職業別自殺リスク

アメリカのCDCが発表しているMorbidity and Mortality Weekly Report(MMWR)から。2012年と2015年の比較。職業別の自殺リスクが、男女とも1位は2012年と2015年と変わらない上にどちらも増えているけど、2位以下は増えたり減ったりというのがなんというか、…

イギリスの検査使用回数

イギリスの医療保険のデータを使って、44の検査がどれくらい増減しているかみた研究。むっちゃ増えてます・・・。特にラボ検査・・・。特によく使われる44の検査については詳細に検討しているんですが増えてる増えてる・・・。これは医者患者関係の変化や、…

乳製品摂取は循環器疾患リスクを下げる

21の国のデータを結合したPURE Studyより。自然派な人たちには「え?誰か牛乳に殺されたの?」というくらい目の敵にされる牛乳ですが、割と死亡リスク下げたりするんですよね。乳製品の消費がべらぼうに多いスウェーデンでの研究では違ったようですが、基本…

小児胃腸炎へのプロバイオティクスの効果

いやあすごいですね・・・ってトライアルです。3-48ヶ月の胃腸炎で救急を受診した小児に対して、プロバイオティクスとプラセボを投与したRCT。アメリカからもカナダからも出ていて、両方載ってます。受診後5日間プロバイオを投与したけど、結果、その後のア…